庭について

「美しい庭には、つねに自然の威厳が存在します。庭のなかでは、自然そのものは人間的なプロポーションに縮小され、現代生活の攻撃性に対する最も効果的な安息の場所として交換されます。」

ルイス・バラガン(建築家/メキシコ)(1980年、プリッカー賞受賞講演より)


この言葉をこれからの庭造りおいて、最も必要とされる要素だと考えています。

バラガン1

(写真:ラス・アルボレダス/Las Aruboradas,Mexico City, 1961. Luis Barragan)


白い壁がユーカリの木立の影を映す。そして鏡のような水面がユーカリの木立と白い壁に映った影を映す。葉が一枚。
この静寂の中にある毅然とした風景。バラガンの庭からは素材・文化の違いを超え、日本の庭と通じるものを感じます。